いのちつなぐ

危機に瀕した動植物「アキアカネ」

アキアカネ

 今年は猛暑が9月まで続いたが、そろそろ山から赤トンボが降りてくる頃だ。そのほとんどが田んぼで生まれながら、暑さが苦手で山の涼しいところでひと夏を過ごし、成熟した秋にまた田んぼに帰ってくる習性がある。そう、アキアカネは避暑に出かけるトンボなのだ。しかし、「夏に近所で見かけた」という人も多い。実は東南アジアから渡って来る、『盆トンボ』『精霊トンボ』とも呼ばれるウスバキトンボと勘違いしているのだ。それがあだで、アキアカネが激減していることに気づかない。秋には水のない田んぼが増え、アキアカネは産卵場所探しに苦労している。

写真家 山博好

一覧に戻る

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ