いのちつなぐ

危機に瀕した動植物「メダカ」

メダカ

 水に親しみやすい季節になって川や池をのぞいてみたものの、メダカは姿をすっかり消してしまっていた。本来、メダカは水質悪化に強い。また海に流されても生きることができ、繁殖もできる丈夫な魚だ。それがなぜ激減したのか?メダカは緩やかな流れか、止水を好む生きものだ。その代表が水田や周辺の水路だった。稲作の効率化のための圃場(ほじょう)整備では水田と水路の高低差をつけ、メダカが産卵場として利用してきた水田に入れなくなった。水路は直線的なコンクリート製になり、流れが速くなり生息に適さなくなってしまったからだ。そう、生きる場所が減ったからだ。

写真家 山博好

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ