いのちつなぐ

危機に瀕した動植物「キンシコウ」

キンシコウ

 その金色に輝く美しい毛並みから英語ではゴールデンモンキーと呼ばれ、日本では優れたジャンプ力から「孫悟空」のモデルと言われている。中国ではジャイアントパンダとともに国宝扱いで、南部の山岳地帯に暮らしている。食べたものを胃で発酵させるときの熱で体を温めるため、高山の寒さに強い。現在、野生のものは四川省を中心に約12,000頭と推測されるが、特に雲南省や貴州省では絶滅が心配されている。日本では横浜、神戸、名古屋、熊本の各動物園でめでたく繁殖実績をあげた。地元の東山動物園では、3月に中国へ帰国の予定だ。残念ながら今後は国内では、熊本市動植物園でしか見られなくなる。

写真家 山博好

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ