いのちつなぐ

 危機に瀕した動植物「ハッチョウトンボ」

ハッチョウトンボ 

 日本一小さいトンボとして知られ、オスはアカトンボをギュッと小さくしたようで、コアカネの別名がある。それに対してメスは茶と黄色の縞模様で、2cmほどの全長やその動きから、ハチかアブと見間違えるほどだ。小さな湿地に生息していることが多く、それらの乾燥化や埋め立てなどにより、生息場所を失っている。今頃から9月頃にかけて見られる。名古屋市の矢田川付近にあった「矢田鉄砲場八丁目」にて発見されたのが、名前の由来とされている。何となく地名が由来だろう、と私も予想していたが、「八丁味噌」の岡崎市とは関係がないらしい。

写真家 髙山 博好

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ