インタビュー

大地を守る会・会長 藤田 和芳さん。
岩手県生まれ。上智大学卒業後、出版社勤務をへて1975年に「大地を守る会」設立に参画。農薬に頼らないで育てられた野菜の販売に携わる。「農薬の危険性を百万回叫ぶよりも、一本の無農薬の大根を作り、運び、食べることから始めよう」をコンセプトに活動を続けている。「百万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表。著書に「ダイコン一本からの革命」(工作舎)等。

 農業体験を通じ命に触れる 多様性を認める寛容さを

1978年から毎年、農閑期に全国の生産者があつまって、消費者の方と交流する「東京集会」というイベントを開催している。

「大地を守る会」を設立したきっかけは

   1つは有吉佐和子さんの小説「複合汚染」から、農薬や化学肥料によりもたらされた豊かさの裏側で起こっている農薬汚染の問題について、衝撃的に気づかされたことです。それと、雑誌で高倉熙景(ひろかげ)さんという元陸軍医の方が農薬の人体に及ぼす危険性を訴えて無農薬農業を推進するため土壌改良材を作る工場を作ったという話を読んだことですね。また、農家の人たちから「いくら無農薬が良くても虫のついた野菜では買ってもらえない」という話を聞き、流通の問題にも気づきました。東京の生活協同組合等にもかけあってみたのですが、値段が高いといって断られてしまう。最終的に東京にある団地の広場で青空市場を開催したところ、それが美味しいと評判となり、そこから広がっていって、生産者と消費者を直接結ぶしくみを作るに至りました。

近代農業に象徴される問題点とは

   近代というのはある種の効率や生産性を求めたんですね。競争社会に勝ったものが幸せになれるという。そうすると、数字では計りきれないものを全部捨てることになるんです。愛とか、感動とか。関係性が遮断されていくんです。豚の価格の付け方も日本の学歴社会と同じです。上位でたったの5%しかない特上の格付ランクを目指して頑張れ、そうでなくては駄目だという、一律の価値観の押しつけがあるのだと思います。また、多様性を認める寛容さも重要な点です。農薬や化学肥料を使わなければ収穫が1割から2割減る、というのは裏を返せば、それくらいは虫に取られても仕方ないという気持ちにならないと。有機農業でいうミミズとも微生物とも共生するという考えが、正に持続可能な有り様だと思います。人間にしても同じで、それぞれ多様性を認め合えるような社会こそが自然だと思いますね。

農業体験が私たちに教えてくれるものとは

   バリの芸術は世界的なレベルだと思いますが、ダンスの踊り子たちに何故こんな素晴らしいのかと話を聞くと「私たちは農民だからです」と言うんです。田んぼに行って虫や命が成長するのに出くわしたり、育ったものを収穫したり、そういうものに触れた時の感動を表現する。それは農民だからこそ出来ることだと言うんです。北海道に住む脚本家の倉本聰さんのアプローチもそうです。あらゆる芸術は全て自然、つまり農業との関わりの中から表現されていった。農業や命というものに触れることで深みのあるものが出来るんです。そういう意味でも農業の大事さっていうのがあると思いますね。

「大地を守る会」の活動を30年以上続けて来た経験から感じることは

   有機農業とか環境問題など正しいことを訴えてきたので「大地を守る会」はここまで続けてこれたのですね、と言う人が多いのですが、本当のところは、私たちの出す食べ物が美味しかったからだと思っています。農家の人は農薬を使わない分だけ毎日田んぼや畑に出かけて行って手をかけて育てている。野菜は何を求めているのかといつも心配しながら手をかけて作っているから、結局うまいんですよ。理屈としては有機や安全ということで選ぶのだけど、食べてみたらうまい。「農作物そのもののおいしさこそが、消費者を惹きつけてきたのだ」、という結論に達します。生産者と消費者の交流会などのイベントも開催していますが、農業を行うことを誇りに思える、「どうだすごいだろう」という農業をやっている。そういうムードを作ることが日本の農業を変えて行く力だと思いますね。キラリと光るものを作って行くというのが、新しい社会運動のあり方だと思っています。

中日新聞朝刊 平成21年2月10日付掲載

ホームページ:「大地を守る会」

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ