目撃者たちの未来への伝言

エチオピアのラリベラ「岩の教会群」 - 地球の緑、身近な緑 -

  • 次へ
  • 前へ

 エチオピア東部に位置するラリベラという町に、自然の岩山をくり抜いた教会が作られたのは12〜13世紀のことでした。ユネスコ世界遺産にも指定されている11の岩の教会群。ローソクに照らされ、炙(あぶ)られ続けた教会内部の岩はどれも、人々が祈り、繰り返し触り続けたことで、アメ色のベルベットのような艶を放っていました。薄暗い教会の中に立つと、いにしえより紡がれてきた、人々の祈りの声が聞こえてくるようでした。

Eyewitness 桃井 和馬(写真家)

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ