目撃者たちの未来への伝言

森に咲くヒイラギナンテン - 地球の緑、身近な緑 -

  • 次へ
  • 前へ

 米粒より少し大きい花が、気持ちよさそうに風に揺れています。黄色いその花はヒイラギナンテン。庭に植えられているのを見かけます。江戸時代に入ってきて、日本には自生はないとされていますが、ここ屋久島では、深い森のその奥の苔むした巨石の上に張りついて生きています。その風貌から自生に違いないと、私は勝手に思っています。そのような謎を秘めた植物が、さりげなく生きている森を頼もしく思います。出会ってから40年変わらず咲き続けているその花に、今年も会ってきました。

Eyewitness 山下 大明(写真家)

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ