目撃者たちの未来への伝言

母なるメコン河 −地球の緑、身近な緑−

  • 次へ
  • 前へ

 東南アジアを縦断するメコン河。流域には6000万人が暮らすが、雨期になると氾濫し、洪水を引き起すこともある。下流域のベトナムには、水上に浮かぶ家を建て、流されないように家々を連結した村がある。水が引くと肥沃な土壌が堆積し、米の収穫量が増えるため、氾濫をうまく利用して生活しているのだ。水上生活では、農業と漁業の両方を季節ごとに行うこともできる。危険と隣合わせだが、川の流れに頼って生きる人たちの知恵がある。

Eyewitness 野田 雅也(写真家)

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ