目撃者たちの未来への伝言

ヒマラヤ「氷の巡礼道」 - 地球の緑、身近な緑 -

  • 次へ
  • 前へ

 インド北部のヒマラヤには、1〜2月の厳冬期にだけ出現する「氷の巡礼道」があります。チベット仏教が盛んな高度3000メートルを越えるラダックという地域で、凍りついた川が「道」になるのです。農閑期のこの時期、人々はこの道を通って、巡礼に向かいます。途中、冷たい氷水の中を歩くこともありますが、文句を言う人はいません。自然は文句を言う対象ではなく、受け入れる存在であることを、人々が受け入れているからです。

Eyewitness 桃井 和馬(写真家)

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ