目撃者たちの未来への伝言

冬眠から覚めたヒグマの親子 - 地球の緑、身近な緑 -

  • 次へ
  • 前へ

 春、知床のヒグマたちは冬眠から目を覚ます。まだ雪の残る斜面に3頭の親子グマを見つけた。子どもたちを先に歩かせ、その後を母グマが寄り添うように歩いていた。知床は、世界でも有数のヒグマの高密度生息地。彼らは、森はもちろん海岸から高山まで、知床の多様な自然を行き来して暮らしている。この秋に子グマたちが独り立ちするまで、親子は、知床の豊かな自然の中で、その恵みを存分に受けながら暮らしていくのだ。

写真:Eyewitness 倉沢 栄一(故人)  文:倉沢 皆子

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ