目撃者たちの未来への伝言

地球の緑、身近な緑

  • 次へ
  • 前へ

 カエルの大合唱が、雨を知らせる。小さな天気予報士の声も、ずいぶんと聞こえなくなった。カエルの個体数は減少し、種によっては、絶滅あるいは準絶滅危惧種に指定されている。原因は、水田や湿地の減少、開発によるコンクリート化、農薬や除草剤の散布など。私たちの生活が、カエルの生息環境を追いつめている。日本固有種のシュレーゲルアオガエルを撮影した宮城県七ヶ宿村には、葦の茂る湿地を利用した昔ながらの田んぼが広がっていた。

Eyewitness 野田 雅也(フォトジャーナリスト)

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ