目撃者たちの未来への伝言

地球の緑、身近な緑

  • 次へ
  • 前へ

 4月初旬、クラカケアザラシの親子と極寒の海中で出会った。このアザラシは、オホーツク海にできる流氷上で出産、子育てをする。ふわふわの白い毛は、氷の上で目立たないための保護色。子育ての期間は、わずか3〜4週間。その間、母親から、脂肪分の高い母乳をもらい、すくすくと成長する。おそらく、産まれて初めて、海を泳ぐ人間を目にしたのだろう。好奇心旺盛な子アザラシが私に近づいてきた。お母さんは心配らしく、その後を付いて回っていた。

Eyewitness 倉沢 栄一(写真家)

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ