中部の環境を考える

パートナー企業、研究所修了生の“その後”レポート 桂川優奈さん(研究所第一期生、チームAISIN GROUP所属)

地域の環境リーダーとして活躍中!

「大村知事と語る会」で発言する桂川さん

 サスティナ研第一期生、桂川優奈さん(金城学院大)は研究所での活動において、アイシン精機の「現地・現物・現認」の考え方に沿って、フィールドワークやヒアリングを行ったことを通じ、現場の大切さを学んだという。今年度は環境省中部環境パートナーシップオフィスのアシスタントスタッフとして、サスティナ研のファシリテーター補助を経験するとともに、愛知県知事と地球温暖化対策について語る会で意見を発表するなど、地域の環境リーダーとして活躍している。「利用する人の立場、企業の立場に立って考えるというサスティナ研での経験を生かして、環境社会への貢献や地域の課題解決に取り組める仕組みを作り持続可能な社会の実現に貢献していきたい」と、夢を語っている。

中日新聞朝刊 平成29年9月30日付掲載

一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ