CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

SDGsカードで学ぼう 金沢工大生と企業共同開発

2018年09月28日

180928-2.jpg

 金沢工業大(石川県野々市市)などは、国連が2030年までに解決を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」を学ぶことができるカードゲームを作った。25日に同大で体験会があり、参加者約30人がいろいろな課題への解決策を話し合いながら、より良い地域づくりについて考えた。

(写真)カードゲームでSDGsを学ぶ参加者=石川県野々市市の金沢工業大で

 カードは同大の学生団体とデザイン会社「リバースプロジェクト」(東京都港区)が共同開発。「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」など17ある目標の達成に向けて課題となりそうなことを書いた「トレードオフカード」が34枚、課題解決の手段を記した「リソースカード」が31枚ある。

 参加者は課題が与えられると、リソースカードに書かれた「ロボット」「スマホ」「ドローン」などを使った解決策を出し合った。トレードオフカード作りにも挑戦し「環境に優しい生産方法を採用していると、商品の値段が上がった」などと課題を考えた。

 団体代表の同大3年島田高行さん(21)は「将来を担う若い世代がもっとSDGsを知る必要がある。体験会などを通じて、学生を中心に幅広い世代に楽しみながら学んでほしい」と話した。 (冨田章午)

北陸中日新聞朝刊(石川) 9月28日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧