CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

生き物玩具釣り 家族連れ楽しむ 津で環境イベント

2018年09月11日

180911-2.jpg

 環境について学ぶイベントが8日、三重県津市一身田上津部田の県総合博物館であり、家族連れらが生き物のおもちゃを釣って生態を知るなど、遊びや工作をしながら楽しく学んでいた。

(写真)生き物の人形を釣りながら外来種について学ぶ子どもたち=三重県津市一身田上津部田の県総合博物館で

 会場には、津市のごみ分別を体験して学べるブースや、画用紙で作った分光器を使って室内で虹を見る工作教室もあった。

 企画した県環境保全事業団の黒田伸弘総務部長(56)は「小さいころから環境問題に接してもらうと、大人になっても自分に身近なことだと感じてもらえる。楽しみながら環境問題に触れる機会にしてほしい」と話していた。

 家族と訪れていた女子児童(8つ)は「外来種のカエルのおもちゃが釣れて、とても楽しかった」と話していた。 (上井啓太郎)

中日新聞朝刊(三重) 9月11日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧