CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

子どもたちと住民ら 植樹や地域環境学ぶ 尾張旭で交流会

2018年09月09日

180910-1.jpg

 子どもたちと地域住民が植樹や地域環境について学ぶ交流会「集まれ!みどりの少年団」が、愛知県尾張旭市城山町のスカイワードあさひであった。

(写真)クイズの回答を呼び掛ける子どもたち=愛知県尾張旭市城山町のスカイワードあさひで

 尾張旭市が主催し、NPO「しみんシップnet」が運営。来年6月に同市と守山区にまたがる県森林公園で開かれる全国植樹祭を前に、環境への意識を高めようと企画し、約150人が参加した。

 交流会では、市の天然記念物「長池のマメナシ・アイナシ自生地」について学んでいる同市城山小の長池環境クラブがクイズを出題。「マメナシはどんなところに生えるか」「全国に何本くらいあるか」などの質問を会場に投げかけた。

 各小学校で児童が育てた、植樹祭で使う苗木についての市職員の報告や、植樹をテーマにした意見交換などもあった。

中日新聞朝刊(愛知) 9月9日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧