CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

いしかわ動物園のコモンリスザル 赤ちゃん公開始まる

2018年08月09日

180809-2.jpg

 石川県能美市のいしかわ動物園で、コモンリスザルの赤ちゃんが生まれ、8日から一般公開が始まった。母親の背中にしがみつく愛らしい姿が人気を集めている。(青山直樹)

(写真)母親の背中にしがみつくコモンリスザルの赤ちゃん=石川県能美市のいしかわ動物園で

 赤ちゃんは7歳の雄マロと6歳の雌アケミの子どもで、7月24日に生まれた。体長12センチで、体重は120グラムほど。まだ性別は分からず、判明してから名付ける。兄のナルト(4歳)とアロエ(1歳)がおり、家族は5匹になった。

 赤ちゃんは火曜、金曜を除いて公開する。順調に育っていて、半年ほどは母親の背中にしがみついて過ごすという。金沢市米丸小学校1年の女子児童(6つ)は「背中につかまっていて、すごくかわいかった」と話していた。コモンリスザルはブラジル北部からベネズエラ、ペルー北東部に広く生息。同園では16匹を飼育している。

北陸中日新聞朝刊(石川) 8月9日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧