CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

用水路 ドジョウがいたよ 小浜・中名田小

2018年07月07日

180707-1.jpg

 福井県小浜市中名田小学校の5年生7人が、近くの同市下田の農業用水路で生き物調査をして、農村の豊かな自然を実感した。

(写真)用水路で捕まえた魚を観察する児童たち=6月28日、福井県小浜市下田で

 管理された農地が環境保全につながっている現状を知ってもらおうと、市内の農業団体・若狭おばま農地環境保全広域協定が学校側に呼び掛けた。

 児童たちは理科で生き物を、社会で農村を学習しており、屋外で実体験することに。網を手に用水路の生き物を捕まえた。

 数多くの生き物の中から、魚、ドジョウ、イモリ、カエル、ホタル、幼虫など8種類になることを確認。女子児童は「小さな用水路にいろんな生き物がいることに驚いた。緑いっぱいの中名田地区が大好き」と話した。 (池上浩幸)

中日新聞朝刊(福井) 7月7日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧