CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

川のきれいさ 生き物でわかる 七尾 山王小児童、大谷川で調査

2018年07月05日

180705-3.jpg

 生き物を採取し、川の汚れ具合を調べる環境学習が4日、石川県七尾市矢田新町の大谷川下流であり、近くの山王小学校の6年生55人が調査に取り組んだ。

(写真)川の中を調べる児童たち=石川県七尾市矢田新町で

 市環境課の職員2人から、生き物の種類で川の汚れ具合が分かる「指標生物」を取るという調査方法を教わった後、児童たちは川に入り、たも網で生き物をすくい上げていた。この日は、指標生物はほとんどおらず、汚い水にすむとされるミズカマキリが2匹見つかった。

 職員は「大事な川では、ごみを捨てないで自然を守るようにしましょう」と呼び掛けた。男子児童(11)は「ごみのポイ捨てを絶対にしないようにして、川をきれいにする機会があったら参加してみたいと思った」と話した。

 児童たちは、学校周辺の生き物調査に取り組んでおり、6月上旬には田んぼを調べた。夏休み期間中には、大谷川の上、中流にも足を運ぶという。 (松村真一郎)

北陸中日新聞朝刊(石川) 7月5日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧