CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

4羽きょうだいです コウノトリ 有精卵全てふ化

2018年05月11日

 福井県は10日、同県越前市中野町で飼育する国の特別天然記念物コウノトリの雄の「ふっくん」と雌の「さっちゃん」が産んだ卵から、新たに2羽が誕生したと発表した。これでペアが産んだ4個の有精卵は全てふ化した。

 県自然環境課によると、県の獣医師がこの日午前8時半ごろに3羽目、午後1時ごろに4羽目を確認した。

 ふ化したひなは頭をしっかり上げて座るなどし、健康状態に問題はない。先に産まれた2羽も親から餌をもらってしっかり食べており、元気な様子という。

 ふっくんとさっちゃんが、4羽のひなを同時に育てるのは、県が飼育を始めた2011年以降、最多になる。

 (山内道朗)

中日新聞朝刊(福井) 5月11日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧