CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

クールビズ 北勢でも 四日市市役所など 半袖やノーネクタイ

2018年05月02日

180502-2.jpg

 夏場の節電を目的に、軽装で勤務する「クールビズ」が1日、北勢各市で始まった。

(写真)ノーネクタイで業務に取り組む市職員=三重県四日市市役所で

 三重県四日市市役所ではノーネクタイや半袖で勤務する職員の姿が見られた。この日の市内の最高気温は今年最高の27.0度。環境保全課の市川和彦課長は「暑い日が続くが気分良く業務に取り組め、効率も上がるはず」と話した。市は2007年にクールビズを導入。11年の福島原発事故以降は期間を5〜9月に拡大。10月の服装は各職員の判断に委ねている。

 同県いなべ市も9月末まで、同県桑名市は10月末まで実施する。各市とも冷房温度を28度に設定するほか、こまめな消灯や使っていない電気機器の電源オフを心掛ける。

 (芝野享平)

中日新聞朝刊(三重) 5月2日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧