CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

「クールビズ」 県内も始まる 県庁、昨年より3週間早く

2018年05月02日

180502-5.jpg

 夏を軽装で過ごす「クールビズ」が1日、官公庁や企業で始まった。福井県庁では昨年より3週間早くスタートし、職員らはノーネクタイやポロシャツなどの涼しげな姿で勤務していた。9月30日まで続ける。

(写真)はぴりゅうが描かれたポロシャツなど軽装で勤務する国体推進局の職員たち=福井県庁で

 福井国体・全国障害者スポーツ大会の準備を担当する県国体推進局では多くの職員が国体マスコット「はぴりゅう」のイラスト入りポロシャツを着用。男性職員(39)は「動きやすくて仕事がはかどります。国体・障スポのPRにもなれば」と笑顔を見せていた。

 クールビズは、政府が地球温暖化対策の一環として提唱。夏の冷房は室温28度にするよう求めており、今年で14年目。県は3月に改定した県環境基本計画に、温暖化ガスの新しい削減目標を掲げたため、昨年は5月22日からだったクールビズの開始日を、中央省庁などと同じ1日に前倒しした。 (尾嶋隆宏)

中日新聞朝刊(福井) 5月2日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧