CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

クールシェア 今夏も 県が協力施設・店舗募る

2018年04月17日

 暑い夏を快適に過ごすため、近年注目されている「クールシェア」。公共施設をはじめ、緑に囲まれ、涼しげな自然スポットなどへの外出を促し、各家庭の節電を呼び掛ける試みだが、石川県では今年も暑さをしのぎ、快適に過ごせる県内の施設・店舗を募っている。

 クールシェアは多摩美術大(東京都世田谷区)の学生が提唱し、環境省が節電の有効事例として推奨。県では2013年度から県民運動として取り組みを進め、官民の施設などをクールシェアスポットとして紹介している。

 スタート当初は331カ所だったが、昨年度514カ所にまで拡大。協力施設には特典として独自サービスを行ってもらうが、いしかわエコライフ応援サイトのホームページなどに公表され、イメージアップはもちろん、従業員らの意識醸成にもつながるという。一方、消費者側にとっても省エネ意識がさらに高まる好循環が生まれている。

 協力施設の一次募集は5月9日まで。7月末の最終締め切りまで随時受け付ける。
(問)温暖化・里山対策室076(225)1462

 (田嶋豊)

北陸中日新聞朝刊(石川) 4月17日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧