CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

コウノトリペア 今年3個目産む 越前市で飼育

2018年04月10日

180410-2.jpg

 福井県は8日、同県越前市中野町のケージで飼育する国の特別天然記念物コウノトリ、ふっくん(雄20歳)とさっちゃん(雌19歳)のペアが今年3個目の産卵をしたと発表した。

(写真)巣の中で3個並ぶコウノトリの卵と父親のふっくん=福井県越前市の飼育ケージで

 県の獣医師が同日午前8時半ごろ、ケージ内の巣に3個目の卵を確認した。ペアは、4日と6日にも各1個産卵している。コウノトリは最初の産卵から1週間程度で2〜5個の卵を産むとされ、県は産卵が終わるのを待って、ひなが誕生する有精卵かどうかを検査する。

 (山内道朗)

中日新聞朝刊(福井) 4月10日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧