CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

松林再生 児童ら植栽 金石・大野の林 クロマツ苗520本

2018年03月08日

180308-3.jpg

 松くい虫の被害によって本数の減った松林を取り戻す取り組み「金沢海岸松林再生事業」が7日、石川県金沢市金石北の金石・大野やすらぎの林であった。

(写真)クロマツの苗を植える石川県金沢市金石町小の児童=同市金石北で

 2008年度から市が、金沢海岸の粟崎地区から打木地区にかけて行っている。16年度までの9年間に、約1万6000本のクロマツを植栽してきた。7日は、金石町小学校3年生54人と金石大野グランドゴルフ協議会のメンバー約40人が、2カ所に分かれて計520本を植えた。

 金石町小児童は、2人1組で植栽に臨んだ。約500平方メートルに、クロマツの苗250本を1本1本丁寧に植えた。

 女子児童(9つ)は「土を掘るのが大変だった。大きく育ってほしい」。男子児童(9つ)は「立派に育って金石を強風から守ってほしい」と話していた。

 本年度は、今月2日から17日までに、市内の粟崎、金石、専光寺、下安原の4地区で6団体が計1500本を植栽する。 (稲垣達成)

北陸中日新聞朝刊(石川) 3月8日付掲載

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧