CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

手回しや自転車で発電体験 鈴鹿で子どもエネルギー教室 温暖化防止など学ぶ

2018年01月23日

180123-2.jpg

 三重県鈴鹿市の「子どもエネルギー教室」(中日新聞社協力)が21日、市役所であり、クイズや発電体験などを通じて親子ら15人が省エネや地球温暖化防止について学んだ。

(写真)自転車での発電に挑戦する子どもたち=三重県鈴鹿市役所で

 親子らは手で回すタイプの発電機を使い、発光ダイオード(LED)ランプと蛍光灯、電球を光らせるのにどの程度の電力が必要かや送電の仕組みを学習。自転車での発電体験ではイルミネーションや液晶テレビなどが用意され、きょうだいで参加した津市千里ケ丘小学校3年の男子児童(9つ)、2年の女子児童(7つ)は「力いっぱいこいだがテレビが20秒しか映らず、電気をつくる大変さが分かった」などと話した。

 家電製品の消費電力量などに関するクイズも出題された。教室は、地球温暖化防止に関する国民運動「クールチョイス」への意識を高めるのが目的で、昨年12月に続いて開かれた。 (山本克也)

中日新聞朝刊(三重) 1月23日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧