CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

滝ケ原のホトケドジョウ生息地 葭島神社の仏像 小松市指定文化財の認証式

2017年12月28日

171228-4.jpg

 石川県小松市指定文化財に指定された「滝ケ原のホトケドジョウ生息地」と「葭島(よしじま)神社の仏像」の認証式が27日、小松市役所で開かれた。所有者と管理者計3人に指定書が交付された。

(写真)和田慎司市長(左)から指定書を受け取る出席者=石川県小松市役所で

 ホトケドジョウは環境省レッドリストで「絶滅危惧IB」に分類される希少種で、滝ケ原が県内有数の生息地になっている。生息地所有者の小沢博幸さん(59)と管理をしている滝ケ原町町内会の田島隆会長(65)が、和田慎司市長から指定書を受け取った。小沢さんは「自然保護について深く考える良い機会になった」、田島さんは「希少な種がいることに初めて気付いた。守るための責任を感じる」と話した。

 葭島神社の仏像は江戸時代に制作された密教仏など12体の文化的価値などが評価された。浮見雅樹宮司(53)が指定書を受け取った。浮見宮司は「希少な文化財を今後とも奉賛会の皆さま方と守って後世に伝えたい」と話した。 (長屋文太)

北陸中日新聞朝刊(石川) 12月28日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧