CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

森林の役割考える 犀川小で出前講座

2017年11月10日

171110-4.jpg

 石川県金沢市の「森づくり出前講座」が9日、同市犀川小学校であり、5年生38人がクイズなどを通じて水源涵養(かんよう)や地球温暖化防止といった森林の役割への理解を深めた。

 2007年度から市内の小学校で開催している。市森づくり専門員の加藤八郎さん(59)が講師を務めた。

 加藤さんは森に降った雨が栄養を含んで川や海の生き物を育てていることや、植物が二酸化炭素(C02)を吸収して地球温暖化を防ぐことなどをスライドを使って解説。「森は人がお世話をしていかないといけない」と話し、災害や獣害の防止の点からも森林整備の大切さを教えていた。

 講座は10日にも開かれ、児童が加藤さんと一緒に学校近くの森を訪れて、自然と触れ合う。

 (中平雄大)

 北陸中日新聞朝刊(石川) 11月10日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧