CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

憩いの場 戻していきたい 琵琶湖岸で市民ら180人清掃

2017年11月07日

171107-1.jpg

 台風21号の影響で流木などが漂着した滋賀県彦根市大藪町の琵琶湖岸で5日、付近の市民約180人がごみの回収に取り組んだ。

(写真)漂着した流木やごみを集める参加者たち=滋賀県彦根市大藪町で

 活動を呼び掛けた同町自治会によると、湖岸が70センチほどえぐられ、流木やごみなど漂着物で埋め尽くされた。湖岸沿いのサクラ約50本もなぎ倒されたままだという。

 参加者は、袋やほうきを手にテキパキと作業。漂着物は1時間で、45リットルのごみ袋1000袋ほどになった。自治会の北村俊恵会長は「60年以上住んで初めて見る光景。関係機関と協力して、憩いの場に戻していきたい」と話した。 (山村俊輔)

中日新聞朝刊(滋賀) 11月7日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧