CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

紅葉前にごみ拾い 伊那 各地で1500人参加予定

2017年10月03日

171003-2.jpg

 長野県伊那市観光協会が、毎秋恒例の環境美化運動に取り組んでいる。

(写真)小さな紙ごみなども丁寧に拾う参加者ら=長野県伊那市で

 同協会は毎年10月1日を「環境美化の日」と決め、市内各地でこの日前後にごみ拾いなどをしている。8年目の今秋は計73団体、約1500人が参加する見込み。

 2日朝は、JR伊那市駅、伊那北駅一帯のほか、坂下地区から西箕輪羽広地区にかけて立っている石の道しるべ(丁石)周辺で、市商工観光部職員と観光協会関係者の計約20人が、紙くず拾いや草取りをした。参加者は「本格的な紅葉シーズンに、観光客に気持ちよく訪れてもらいたい」と話していた。(近藤隆尚)

中日新聞朝刊(長野) 10月3日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧