CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

豊橋市バイオマス施設 完成 「ごみから資源」推進期待

2017年10月02日

171002-1.jpg

 国内最大規模の複合バイオマス施設「豊橋市バイオマス利活用センター」が1日、愛知県同市神野新田町に完成し、式典が開かれた。国や県の関係者や住民ら約100人が参加した。

(写真)完成した施設を背にテープカットする佐原市長(中央)ら=愛知県豊橋市神野新田町で

 市が4月に分別収集を始めた生ごみと、下水汚泥、し尿・浄化槽汚泥を混ぜてメタン発酵させ、発生したバイオガスを燃やして発電する。佐原光一市長は「生ごみの収集量もおおむね目標通りで、満を持しての本格稼働。ゴミゼロ運動発祥の地として、ごみから資源へという取り組みをさらに進めたい」と述べた。

 2015年10月に着工し、総事業費は148億円。年間発電量は680万キロワットで、1890世帯分に相当する。

 市は燃やすごみの減量に伴う焼却施設の規模縮小で、20年間で約120億円のごみ処理費用が削減できると見込んでいる。

 施設の見学を2日から受け付ける。予約が必要で、月〜金曜の午前9時〜正午と午後1〜4時に見学できる。1グループ5人以上。(問)中島処理場=0532(46)2854

 (五十幡将之)

中日新聞朝刊(愛知) 10月2日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧