CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

フクジュソウ 環境保全活動 勝山・村岡小児童

2017年09月28日

170928-2.jpg

 福井県勝山市村岡(むろこ)小学校の児童たちが25日、同市北谷町木根橋のミチノクフクジュソウの自生地で、保全活動をした。一帯は県内唯一の自生地とされ、市は一帯を天然記念物に指定している。

(写真)雑草を取り除く作業をする児童ら=福井県勝山市北谷町木根橋で

 近くの小原地区で環境保護に取り組む小原ECOプロジェクトが主催。午前中は4、5年生が校内で、白山自然保護官事務所の大石佳織さんや福島大准教授の兼子伸吾さんから、環境保全に関する講義を受けた。

 午後からは5年生の40人が自生地に移動し、枯れた小枝や雑草の除去に取り組んだ。児童たちはミチノクフクジュソウが自生する斜面を見ながら「きれいになった」「来年の春に花を見るのが楽しみ」などと話していた。 (笠松俊秀)

中日新聞朝刊(福井) 9月28日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧