CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

東栄で生かせ 再生エネ 中学生アイデア出し合う

2017年08月31日

170831-1.jpg

 再生可能エネルギーの活用を通して愛知県北設楽郡東栄町の未来を考える催しが30日、東栄中学校であり、全校生徒49人がアイデアを出し合った。

(写真)再生可能エネルギーを活用した町づくりを話し合う生徒たち=愛知県北設楽郡東栄町本郷の東栄中で

 地元のNPO法人「てほへ」が昨年始めた「東栄で自分らしく暮らすお話会」事業の一環。町が今夏、東京電力のEV(電気自動車)活用アイデアコンテストに入賞したことを受け、環境に優しい再生可能エネルギーをテーマに選んだ。

 冒頭、村上孝治町長が町営バスのEV化構想などを挙げ、「CO2(二酸化炭素)削減に向けた小さな町の取り組みを全国に発信していきます」とあいさつ。東亜電設工業東京支店の佐藤隆満電力事業部長が、太陽光や風力発電と組み合わせたEVの現状と未来を説明した。

 この後、生徒たちは8つのグループに分かれて討論。「東栄駅に観光客用のレンタル電動自転車を備える」「EVバスがあればイベント参加者を輸送でき、会場の電源としても使える」などのアイデアを発表した。

 中には「一人暮らしの高齢者のため、マッサージや対話機能を持った電動車いすを開発しよう」といった提言もあり、同席した町役場の各課長は「若者らしい斬新な考えが出そろった。これからの町づくりに生かしていきたい」と講評した。

 東電のEV活用アイデアコンテストには、全国で東栄町を含む5団体が入賞。9月から3年間、EV1台が無料で貸与される。(鈴木泰彦)

中日新聞朝刊(愛知) 8月31日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧