CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

おもちゃ、クラフト 木に親しむ 来月2日塩尻で 森のフェス開催

2017年08月25日

170825-1.jpg

 森の中で木に親しむイベント「森のフェスティバル」が9月2日午前10時〜午後3時、長野県塩尻市片丘の県林業総合センターで開かれる。

(写真)森のフェスティバルのPRポスター=長野県塩尻市の塩尻商工会議所で

 11月に市内である催し「木育フェスティバルイン信州しおじり」のプレイベントで4回目。県や市、塩尻商工会議所などでつくる実行委員会が主催する。

 同センターの森林学習展示館では、50種類の木製おもちゃで遊べる「木のおもちゃパラダイス」や、動物の顔の木製ストラップを作る「木工クラフト体験」(参加費500円)、のこぎりを使った丸太切り体験コーナー、森に関する絵本を使った「おはなし会」などがある。

 キャンプ場では竹筒で米を炊いて味わうコーナー(5組限定で事前予約、参加費は1組300円)や、たき火実践講座などのメニューが用意されている。

 同日午後1時半からは、塩尻商議所総務課長・海津健司さんの講演会「塩尻市の木育の取り組み『これまで』と『これから』」も同展示館である。定員30人(先着順)で、事前に同展示館に申し込む。

 実行委事務局の塩尻商議所の担当者は「親子連れだけでなく、若い世代の人も来場してほしい」と呼び掛けている。(問)塩尻商議所=0263(52)0258

 (一ノ瀬千広)

中日新聞朝刊(長野) 8月25日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧