CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

「きれいな川守りたい」 郡上でシンポ 子どもら研究発表 

2017年08月09日

170809-2.jpg

 岐阜県郡上市高鷲町の自然文化を考える「たかすシンポジウム」(たかす自然文化保護研究会主催)が、高鷲町民センターで開かれ、地元の小中学生の研究発表や地域の自然環境保全の報告や講演があった。

(写真)ミズバショウについて発表する高鷲北小の児童たち=5日、岐阜県郡上市高鷲町民センターで

 高鷲小の4年生2人は、長良川の水質を指標生物を使った調査結果を発表。女子児童は「長良川は、きれいな川で水を守っていきたい」と話した。高鷲北小の2年生7人は「ひるがのの自然をみつけよう、つたえよう」と題し、湿原植物のミズバショウを詳しく調べ、米国のミズバショウとの比較を紹介した。高鷲中の2年生4人は、未来へよりよい森林を残すよう調査活動をした成果を話した。

 郡上北高の山田徹教頭はハザコと呼ばれるオオサンショウウオについての講演し「半分に切り裂かれても生きていることから名付けられた」と説明した。(堀亮)

中日新聞朝刊(岐阜) 8月9日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧