CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

指標生物を採集 生徒が水質調査 安曇野・豊科北中

2017年08月09日

170809-3.jpg

 長野県安曇野市豊科の豊科北中学校の生徒は7日、市内を流れる犀川の水質調査を実施した。河川のきれい度を表す「指標生物」を採集して行う調査で、きれいな川に生息するヒラタカゲロウやヘビトンボなどが多く見つかり、調査地点の水質は「最良」を示す「1(ローマ数字の1)」と判断された。

(写真)犀川の水質調査を実施する生徒ら=長野県安曇野市で

 国土交通省と環境省が1984年から毎年実施している「全国水生生物調査」の一環。この日は同校の部活動「科学部」に所属する1〜3年生13人が参加し、国交省千曲川河川事務所(長野市)の職員2人と建設環境研究所(東京)の5人が指導した。

 生徒らは犀川の浅瀬に入り、さおが付いた網を使って水生生物を採集した。初めて参加した女子生徒(14)は「思ったよりきれいで驚いた。入っても不快じゃなかった」と笑顔を見せた。

中日新聞朝刊(長野) 8月9日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧