CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

小水力発電を研究 高山工高生ら 市教育長に報告

2017年07月12日

170712-3.jpg

 高山工業高校(岐阜県高山市千島町)の生徒3人と教員2人が10日、高山市役所を訪れ、小水力発電機製作などの取り組みを中野谷康司教育長に報告した。

(写真)水車の制作を中野谷教育長(左)に報告した(中央左から)立道さん、岡田さん、田丸さん=岐阜県高山市役所で

 電気科3年の田丸さん(17)、岡田さん(18)、立道さん(17)が訪れ、くぎを使わずに作った木製水車の模型を寄贈した。昨年11月にあった、子ども大学たかやまで作ったトタン製のボート式水車も紹介。田丸さんは「羽根の材質を変えるなどして、回りやすくなるよう工夫したい」と話した。

 同校は県教委から専門高校生地域連携推進事業の指定を受け、昨年度から2年間、自然エネルギーを利用したものづくりで、地域課題を解決しようと研究を進めている。中野谷教育長は「自然エネルギーは大事なテーマ。高校生が取り組んでくれてうれしい」と話した。木製水車は市庁舎内に展示する予定。(片山さゆみ)

中日新聞朝刊(岐阜) 7月12日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧