CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

短冊ついた竹炭 児童ら風鈴作り 岡崎の男川小

2017年07月08日

170708-2.jpg

 愛知県岡崎市のNPO法人「おかざきの自然環境を考える会」は7日、市男川小学校で竹炭を使って風鈴を作る教室を開き、4年生117人が参加した。

(写真)真剣なまなざしで風鈴を作る児童たち=愛知県岡崎市の男川小で

 児童たちに自然に関心を持ってもらうのが目的。考える会は地域の環境を守るため、竹林の間伐や竹炭作りに取り組んでいる。

 児童たちは会の活動や、竹が建物やかごなどに使われていることを学んだ後、クラスごとに風鈴作りに挑戦。7日の七夕にちなみ、短冊の付いた竹炭を、ひもで専用の部品に取り付けて風鈴に仕上げた。

 最後に短冊に「家族みんな健康で暮らせますように」「ダンスが上手になりますように」と思い思いに願いを書き込んだ。(籔下千晶)

中日新聞朝刊(愛知) 7月8日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧