CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

生息地を保護 児童ら看板設置 勝山

2017年06月17日

170617-1.jpg

 福井県勝山市鹿谷小学校の6年生12人が16日、地域内のホタルを守ろうと、生息地の同市西光寺の北西俣川沿いに「ホタルをつかまえない」と記した看板を設置した。

 子どもたちは昨年から、環境教育としてホタルの学習をしている。ホタルが生息しやすい環境づくりには、地域を挙げた取り組みが必要だと考え、看板を設置して広く呼び掛けることにした。

 看板は4種類あり、1メートル四方の木の板に「ホタルを見る時光はいらない」などの標語と絵を描いた。来週までに北西俣川と鹿谷川周辺の計4カ所に設置する。

 ホタルを増やしたいという子どもたちの思いが込められており、女子児童(12)は「やってほしくないことを大きく書いた」と話した。 (正津聡)

中日新聞朝刊(福井) 6月17日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧