CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

クールビズの季節です 省エネ ヤギとともに

2017年06月01日

170601-2.jpg

刺しゅう入りシャツ着用 美濃加茂市

 岐阜県美濃加茂市の職員有志が、左胸にヤギの刺しゅうをあしらったクールビズ用のオリジナルポロシャツを作り、31日から業務中に着始めた。10月末まで着用し、市民らに省エネをアピールする。

(写真)オリジナルシャツを着てヤギに鉱塩をプレゼントする藤井市長(右)=岐阜県美濃加茂市山之上町で

 市内では6年前から「山羊(やぎ)さん除草隊」が緑地の保全に活躍。市の除草費用が3分の1ほどに減った上、雑草を燃やす必要もないため、二酸化炭素の発生抑制にも一役買っている。

 11月には市内で県内初の「全国山羊サミット」が開かれることもあり、ヤギを市の環境対策の象徴として、市秘書広報課の職員がシャツをデザイン。白やグレー、黒など5色で計500枚作り、職員らが自前で購入した。

 この日は、シャツを着た藤井浩人市長が、岐阜大の学生らがヤギ16頭を放牧している同市山之上町の平成記念公園北部未利用地を訪問。熱中症を防ぐ固形飼料の鉱塩20キロをヤギたちにプレゼントし、「山羊サミットのPRも含めて頑張っていきたい」とクールビス開始を宣言した。

 白と黒の2色のシャツは7月から、市みのかも文化の森で1着2500円で一般販売される予定。売り上げの一部は除草隊による環境保全活動に充てられる。(平井一敏)

中日新聞朝刊(岐阜) 6月1日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧