CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

「緑のカーテン」今年も 27日配布 松阪の浅沼さん苗作り

2017年05月23日

 三重県松阪市の夏の暑さをしのぐ緑のカーテン作りに向け、同市柿木原町、農業浅沼順子さん(77)のハウスでゴーヤーとアサガオの苗作りが進んでいる。市は省エネを進めるため2009年度から市民に苗を配って育ててもらい葉のカーテンで影をつくっており、本年度も27日に3320株を希望者に配る。

(写真)浅沼さんが育てたアサガオとゴーヤーの苗。27日に市民に配布される=三重県松阪市柿木原町で

 浅沼さんは毎年、市から苗作りの依頼を受けており、4月に種をまき、ポットに植え替えてハウス内で育てた。ハウスで温度調整したため生育は順調。

 「土が乾いていたら朝と昼の日に2回水やりをして、子どものように大事に育てれば大きく育つ」と助言。市街地で緑のカーテンを見かけると「涼しそうで、緑色も美しく、うれしくなる」と話した。

 27日は午前8時半から鈴の森公園や4地域振興局で、1人にゴーヤーとアサガオ各2株を配る。

 (松村裕子)

中日新聞朝刊(三重) 5月23日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧