CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

ライチョウ保護 サポート隊募集 15歳以上、100人

2017年04月16日

 富山県は、ニホンライチョウの保護に携わる「とやまのライチョウサポート隊」の隊員100人を募集している。昨年から始まった取り組みで、生息地で観光客らに観察マナーを啓発したり、生息状況の情報提供をしたりする。

 対象は15歳(高校生)以上で、6月18日と7月9、10日に立山・室堂平で開かれるいずれかの認定講習会に参加する必要がある。講習会では、富山雷鳥研究会や県職員らによる講義や現地での観察会などを実施。6月18日のみ、保護柵の設置も体験できる。

 昨年は県内と石川、岐阜両県の隊員107人が活動した。自然保護課の担当者は「生息地の植生の変化などの情報提供もお願いし、皆さんで一緒にライチョウを保護したい」と参加を呼び掛けている。

 郵送、ファクス、メールのいずれかで申し込み、5月10日の必着。申込書は同課のホームページで入手できる。(問)自然保護課076(444)3397

 (山中正義)

北陸中日新聞朝刊(富山) 4月16日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧