CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

太陽電池でおもちゃ 敦賀で親子連れが体験

2017年03月20日

170321-1.jpg

 福井県敦賀市の福井原子力センター「あっとほうむ」で19日、地元の親子連れ約30人が太陽電池を使ったカモメのおもちゃ作りを体験した。

(写真)おもちゃのカモメ作りに熱中する参加者たち=福井県敦賀市吉河の福井原子力センター「あっとほうむ」で

 参加者は、センターの担当者から太陽電池が人工衛星に使われることを学習。二酸化炭素(CO2)を排出しない一方で、大量の電気を生み出すために大きな設備が必要だと太陽光発電についても教わった。太陽電池のパネルを背中に取り付けるなど専用のキットを組み立てて、光を当てると、羽が動くカモメを作り上げた。

 敦賀西小学校4年の女児は「太陽電池を取り付ける作業が細かくて難しかったけど、楽しかった」と笑顔で話した。  

(古根村進然)

中日新聞朝刊(福井) 3月20日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧