CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

18、20日市立博物館 環境未来館 2周年講演

2017年03月15日

 三重県四日市市安島の「四日市公害と環境未来館」の開館2周年を記念した講演会が18、20の両日、併設の市立博物館で開かれる。

 18日は四日市公害訴訟原告の野田之一さんが講師を務める。7月で公害訴訟の判決から45年となるのを前に、歴史を振り返る。

 20日は国立環境研究所地球環境研究センター気候変動リスク評価研究室(茨城県)の江守正多室長を招く。地球温暖化の影響と対策を解説してもらう。

 いずれも午後1時半開演。参加無料、事前申し込み不要。両日とも午前は環境未来館の常設展会場にボランティア解説員を多めに配置し、来館者の質問に答える。

 環境未来館は2015年3月21日、四日市公害の歴史と教訓を伝える資料館として市が開設した。2月末までに12万7960人が訪れた。(問)四日市公害と環境未来館=059(354)8065

 (吉岡雅幸)

中日新聞朝刊(三重) 3月15日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧