CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

地雷撲滅 願って寄付 小松・稚松小児童 アルミ缶を換金

2017年03月11日

170311-2.jpg

 石川県小松市稚松小学校の「環境リサイクル委員会」で活動する5、6年生4人が10日、回収したアルミ缶を換金して地雷で苦しむ人のもとへ届けようと、同市大川町の小松大川郵便局に送金を託した。

(写真)村本吉広局長(左)に寄付金を手渡す稚松小の児童たち=石川県小松市大川町で

 全校児童や地域住民が1年間で持ち寄ったアルミ缶など966キロを換金して8万482円になり、地雷撲滅運動などに協力する認定NPO法人「難民を助ける会」(東京都)に送る。児童が村本吉広局長に現金を手渡した。

 委員長の女子児童(12)は「地雷で困っている人が安心して暮らせるようになってほしい」と話していた。委員会は、18年前から地雷撲滅に向けてアルミ缶の回収を始め、毎年寄付をしている。 (竹内なぎ)

北陸中日新聞朝刊(石川) 3月11日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧