CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

絆発電に五村と小室町 長浜市 再生エネ普及へ

2017年03月10日

170310-2.png

 再生可能エネルギーの普及のため、滋賀県長浜市が市民団体を対象に認定している「ながはま絆発電。」に、本年度は五村、小室町の両自治会が決まった。いずれも災害時の一時避難所となっている地元会館に、太陽光発電システムと夜間用の蓄電池を取り付けた。

(写真)太陽光発電パネルが屋根に取り付けられた五村公会堂=滋賀県長浜市五村で

 2013年度から始めた制度の認定団体は12となる。市は両団体に認定プレートを贈るほか、ホームページでも紹介し、市民に再生可能エネルギーの意識づけを図る。

 また、市民有志らでつくる「ながはまアメニティ会議」は、快適な環境づくりに貢献したとして、同市高月町馬上(まけ)の「はなてまりの会」を本年度の「THANK YOUアメニティ」として表彰することを決めた。06年に活動を始めた会は、通学路のごみ拾いや花の植栽に取り組んでいる。

 いずれの団体も、市内の神照公民館で11日に開かれる「環境にやさしい生活フェア」で認定や表彰を受ける。

 フェアは、お笑いコンビ「ボルトボルズ」の環境科学ショーやエコバッグ作り体験、環境クイズなども催される。(問)市環境保全課=0749(65)6513  

(渡辺大地)

中日新聞朝刊(滋賀) 3月10日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧