CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

金賞に日本特殊陶業 愛知環境賞 16団体表彰

2017年02月17日

170217-2.jpg

 環境に配慮した事業や活動をする団体に贈られる愛知環境賞(愛知県主催、環境パートナーシップ・CLUB、中日新聞社共催)の授賞式が16日、名古屋市中区のローズコートホテルであり、受賞した15件、16団体に表彰状が贈られた。

 金賞には、自動車の排ガスの酸素濃度などを把握するセラミックセンサーの開発・普及により、二酸化炭素(CO2)排出量の大幅な削減に貢献した日本特殊陶業(名古屋市)が選ばれた。同社の川合尊取締役専務は「賞の名に恥じぬよう、世界に通用する商材を展開していきたい」と話した。

 授賞式は関係者約260人が出席。賞は今年で13回目、43件の応募があった。大村秀章知事は「愛知は日本一の産業県だが、環境面においてもトップランナーをめざし、さまざまな施策に取り組む」とあいさつした。

 中日新聞社賞は、自らの活動で削減困難な温室効果ガス排出量を植林や森林保護など他の活動で相殺する「カーボンオフセット」を取り入れた商品を販売した名古屋市港区の南陽高校に贈られた。

 (日下浩樹)

中日新聞朝刊(愛知) 2月17日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧