CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

豊浦海岸の周辺 観光協会が清掃 紀北

2017年02月15日

170215-1.jpg

 三重県北牟婁郡紀北町観光協会は14日、同町三浦の豊浦海岸を観光資源として見直そうと、高塚山展望台駐車場から海岸まで伸びる遊歩道で熊野灘臨海公園管理事務所や町の職員とともに清掃活動をした。

(写真)散乱するごみを拾い集める参加者=三重県北牟婁郡紀北町三浦で

 同海岸は1980年に公開された日米合作の映画「将軍 SHOGUN」ロケ地。人工物が少なく景観が良いとして、観光協会フォト部会が昨秋同所で写真教室をした際、廃棄物の投棄、散乱に気付き「少しでもきれいにして観光客を呼び込もう」(田上至フォト部会長)と整備着手を決めた。

 この日10人が参加して手掛けたのは約200メートルの遊歩道。空き缶や空き瓶、ペットボトルのほか、調味料容器、蛍光灯、長靴といったごみもあり、参加者は黙々と作業した。いずれも道路から投げ捨てられたとみられ、1時間半ほどで軽トラック2台の荷台がいっぱいになった。

 田上さんは「自然そのままの海岸をきれいな状態で見てほしい」と取り組みの意義を強調。案内看板設置なども検討するという考えを示した。 (神谷浩一郎)

中日新聞朝刊(三重) 2月15日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧