CHUNICHI Web 環境ニュース

一覧

香りと味 重ね合わせ 浜松 ジビエカレーの教室

2017年01月12日

170112-1.jpg

 出張料理ユニット「東京カリ〜番長」の調理主任として全国で活躍する静岡県浜松市出身の水野仁輔さん(42)を招き、ジビエ(野生の鳥獣肉)を使ったカレーの教室が、同市中区の市福祉交流センターで開かれた。

 主催したNPOルーツジャパンの岡本浩明理事長(43)たちが昨年末に森町で仕留めたシカのひき肉を提供。水野さんは、ターメリックやコリアンダーなど約10種のスパイスで香り付けするシカ肉のキーマカレーを紹介した。

 タマネギやシカ肉など具材を炒める調理の前後にスパイスを投じるコツを伝授し、「香りと味をサンドイッチして重ねて仕上げていくのが基本」だと教えた。

中日新聞朝刊(静岡) 1月12日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧