CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

太陽光パネル 開幕準備OK ナゴヤドーム

2016年12月15日

161215-1.jpg

 プロ野球中日ドラゴンズの本拠地ナゴヤドーム(名古屋市東区)で14日、太陽光発電の設備が完成した。ドーム型球場の屋根では世界初という。1152枚の太陽光パネルで年間、野球開催時の6、7試合分に相当する6万2000キロワット時を発電する。

(写真)ナゴヤドームの屋根の中段に並べて設置された太陽光パネル(黒い線状の部分)=名古屋市東区で、本社ヘリ「おおづる」から

 2014年6月から、屋根の補修と併せて工事を進めてきた。費用は約10億円。発電した電力は球場では使わず、電力会社に売却する。発電状況はオープンデッキに設置したモニターで確認できる。

 森林面積に換算すると9万1000平方メートル分の二酸化炭素削減効果が期待できるといい、ドームの担当者は「屋根の有効活用と環境向上の活動を両立させた」と話している。

中日新聞朝刊(愛知) 12月15日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧